アクセスカウンター

セッティング(汗

残暑が厳しい中、いかがお過ごしでしょうか?

相変わらずサックスの事はあんまり書いてません(汗

 

 

そこそこ海が調子が良くなって来たので、ぼちぼち車にロッドホルダーを積んで準備万端です。

 

先週リハの帰りにBoo7釣り部の面々と夜太刀魚に行きました、、、。

 

結果は二当たりのみ。なかなか厳しい結果でしたが、次回に期待!!!

 

 

 

 

話は変わりますが、スーパーカブのエンジンを某スペシャルなバイク屋さんに頼んでボアアップしました。

 

50ccから88ccに。やりはじめてから、色々足りないものだらけで、いまは仮組み状態です。

 

もちろん仮組み状態なので、そんなにスピードも出せませんが、低速のトルクがとてもアップしてました。はっきり言って別物です。

 

これでちゃんとセッティング出せば、坂道でも減速する事無く、快適なクルージングが可能かと。

 

 

しかし、問題は山積みでして。。。。

 

 

まず、純正のレッグシールドが装着できない可能性。キャブの位置を股がって左足近辺の後ろ向きに出す予定なのですが、ヨシムラTM24というでかめのキャブなので、レッグシールドつけるならカットしなければならないようです。

別の解決方法は、カブラ用のレッグシールドで茶を濁すか、レッグシールドを付けないという解決方法ですが、しばらく悩んでみます。

 

 

あとスロットルワイヤーが短すぎること。ざっと計測しましたがどうやら810センチは必要な

感じです。

 

 

可変式マニホールドマウントが必要。これもキャブの位置変更にあたり、必要不可欠な部品です。キャブのセッティングをちゃんと出せるようにパワーフィルター側を後ろ方向に振る方がいいようなので。

実際いろいろな4mini車両を見ると、横向きもしくは後ろ方向に振っている車両が多いようです。

なんでも前向きに付けちゃうと走っていてエアーが入り込みすぎてセッティングもちゃんとでないらしいです。あと横向きも場合によってはですが、横風の影響を受けるような事がどこかのブログでかいてありましたね。

僕のカブは今は仮組みなので、前向きに着いちゃってます。なので走行中はゴミや飛び石にちゅういですね。むき出しなので。

 

今回快い友人からいただいたヨシムラTM24。

大変性能が高いキャブですが、今現在オーバーフローしまくりです。フロートハイト(22mm±1mm)が範囲内らしいですが、測定しなとわからないですね。

あとニードルバルブにゴミが入ってるのか、バラしてみないと原因は解明できません。

近日中はそれの調整ですね。

 

4stの場合あまりオーバーフローさせてるとエンジンにも良くないというか、最終的にはガソリンがクランクケース内に入り込んで色々悪さをするようなので、早めに解決したい所です。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~casa/g-tokusyuu-0305.htmで原因究明してます。

 

2stから4stに乗り換えてからはや三ヶ月。あの2stの早さは手に入りませんが、楽しい4st弄りを堪能しております。